無料アクセス解析
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純粋な音楽。クルターグ夫妻と菊地裕美さんのリサイタル(ARTE Live Web)から。

2009年09月04日 00:37

ARTE Live Webから。
プロヴァンス音楽祭より、クルターグ夫妻と菊地裕美さんのリサイタル。
※コメントでご指摘頂いたように表記を訂正しました。(2015/1/27)

Récital Gyorgy et Marta Kurtag au Festival d'Aix-en-Provence (01:08:01)

30分を超える"HiPartita pour violon solo, op. 43"、繊細でしなやか、それでいてドラスティックな響きの音楽。クルターグ氏より献呈された菊池さんの演奏は、「楽譜に貼りついた」、つまり作曲家とともに音楽を創造しているような音楽。

そして後半は、クルターグ夫妻が、アップライト・ピアノに寄り添いながらの"Extraits de Jatékok (Jeux)et Transcriptions (1975 - work in progress)"。

「誰かのための」、ささやかで、静謐で、親密な音楽。
それは多分に、作曲家でもあり夫でもあるクルターグ氏の、愛する人へのオマージュ(Hommage à M. K.)でもあり、自らの人生の道程と、そこに関わった全ての音楽に対するオマージュなのかもしれない。

以下のようなコメントがあった。強く共感するのでここに引用する。

Sascha, 25/07/2009 00:21
Listening to Kurtag's music played by his wife Marta and himself has been a life changing experience. I hope this video stays here for many to see (more, listen!) to how sensitive and deep one can approach music and communicate so much through it to other people.


アンコールのバッハの連弾では、不覚にも涙がこぼれた。

音楽はこれほどまでにピュアでよい。
アップライトに傅くふたりの背中からは、そんなメッセージが聴こえてきたりもする。


今週末は、ゆっくりと耳を傾けてみてはいかがでしょう。


[image/air_ : 細越一平]

 「現代オーケストラの到達点」、アバド指揮ルツェルン祝祭管弦楽団を聴く(ARTE Live Web)。
 全力で音楽を表現し尽くそうとする、アバド指揮、ルツェルン祝祭管弦楽団の『復活』。

 優れた音楽家(演奏家)のための環境(場)を創るために。

 Morton Feldman: Patterns In A Chromatic Field: Arne Deforce(Vc)大宅裕(P)
スポンサーサイト


コメント

  1. Re: Re:純粋な音楽。クルターク夫妻と菊地裕美さんのリサイタル(ARTE Live Web)から。

    ご指摘ありがとうございます。
    随分前の、不勉強な記事でした。
    訂正させて頂きました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chikaplogic.blog63.fc2.com/tb.php/314-e4678a56
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。