無料アクセス解析
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉松隆「鳥シリーズ」を聴く。今だから響く音楽の可能性。

2010年05月26日 01:33

ちょっとしたきっかけがあり、吉松隆氏の初期の室内楽作品を聴き返している。
所謂「鳥シリーズ」の内から数曲。
・デジタルバ?ド組曲  Digital Bird Suite 1982
・鳥の形をした4つの小品 4 Pieces in Bird shape 1983 
・ランダムバ?ド変奏曲 Random Bird Variations  1985
・ファジイバード・ソナタ Fuzzy Bird Sonata 1991 あたり。

10代の終りから20代のはじめによく聴いていたのだからほぼ10年、ということになる。
当時は文字通り浴びるほど聴いた。LPだったら確実に磨り減っていたと思う。
CDは当時僕の住んでいた山形では入手できず(カメラータ・トウキョウは取り寄せられなかった!)、はるばる仙山線に乗り大都会・仙台の新星堂とかで購入したと思う。そう考えれば今はなんと良い時代だろう。

改めて聴き返すと、全く印象が異なっていることに驚く。
もちろん録音なので対象は同じ、ということは聴き手である自分が変わったということだろう。
そういうことがあるから、音楽は面白い。

10代の頃に聴こえた自意識やセンチメンタリズムは影を潜め、焦りや孤独、諦観といった感情に、したたかさや揺るがない強さ、そして道化とも取れるような楽観/客観の思想が盛り込まれている。


1953年に生まれた作曲家は、29歳で「鳥シリーズ」を書き始めた(その前年に『朱鷺に寄せる哀歌』を書いている)。
つまりは今の自分とほぼ同じ年齢で書かれたのがこれらの作品ということだ。

『朱鷺に寄せる哀歌』で、失われゆく調性や音楽そのものの美しさを絶滅した鳥に重ね合わせ、彼らのいない空を眺めながらそれらがいつか復活する日を祈った吉松青年が覚悟とともに記した音楽は、もしかしたら今の空気こそを震わせるものなのかもしれない。


 なにしろ音楽というものがあまりにも素晴らしいので、せっかく生きているのだからせめて美しい音楽のひとつも書いてからのたれ死ぬのも悪くない、とそう思って作曲を始めた。

 大学は途中でやめ、今から思うと背筋の寒くなるような不毛な生活をしばらく送るはめになった。なにしろ独学だから当然といえば当然なのだが、書いても書いても呆れるほどどの曲ひとつとして音にならない日々が七年間ほど続いた。
  窓の外で四季がゆったりと回転しているのがわかった。初めは絶望し、深海の底から星を見ているような気分が続き、後にはその見事さに深夜一人で笑い転げた。

 そんな生活を送っていると、逆に、演奏されないような音楽を書いていても殺されもせずにとにかく生きていられるということが、それはもう感動的に思えてきた。
  そしてある朝、神が言い給うた。
 - 幸いなるかな、演奏されない音楽の作曲者よ。音楽は汝のものなり -
 後光が眩しかった。
                                                               (「魚座の音楽論」より)

この文章を読むと、何故「鳥シリーズ」の作品群が、刹那的とも言えるほどに訴えかけてくるのかが理解できる。
まさしくこの音楽は、吉松青年が刻印した「生」の証でもあるのだ。



上述した「鳥シリーズ」の内、「ファジイバード・ソナタ」以外の3曲はこちらの作品集で聴くことができる。
2枚組で、上記室内楽曲の代表曲に加え、オーケストラ作品で『朱鷺に寄せる哀歌』、『チカプ』、『鳥たちの時代』、そして『交響曲第2番 地球にて』が収録。

[image/air_ : 細越一平]
 音楽ノート1
 白い風景 吉松隆
 朱鷺(トキ)に関するニュースを2つ、吉松隆、「朱鷺に寄せる哀歌」。
スポンサーサイト


コメント

  1. rein | URL | -

    本物

    このCDでもなくて、小倉さんの演奏でもなくて、
    いつか「本物」の鳥の形をした4つの小品を
    聴きたいと思うわけであります。

  2. chikap | URL | -

    Re: 吉松隆「鳥シリーズ」を聴く。今だから響く音楽の可能性。

    >rein

    なかなか最近は実演されてないね~。
    でも来年には、マリンバコンチェルトか何か、山響でやるらしいよ?
    賛否両論あれども、個々数年の山響の活動は、在京オーケストラにはないオリジナリティがあってヨイと思ってます。一度聴いてみたいくらいだよ山形で。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chikaplogic.blog63.fc2.com/tb.php/347-b61e03a0
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。