無料アクセス解析
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ポスト・フォッシル:未来のデザイン発掘」展

2010年05月28日 00:23

雨の六本木、21_21 DESIGN SIGHT に行ってきた。

「ポスト・フォッシル:未来のデザイン発掘」展
POST FOSSIL : excavating 21st century creation

ディレクターはリー・エデルコート。「トレンド予測のパイオニア的存在」とのこと。今回の展覧会が、彼女の手による日本では初めてのものになるという。


結論から言えば、決して足を運んで損はない展覧会だと思う。

僕は、「デザイン」と言う(日本語の)言葉は、それに一括りにしてしまうことによって意味の本質やそのものの哲学を引き剥がし、「デザイン」から生み出されたモノに自ら表層的なラベルをペタリと貼りつけてしまうような気がしていた。
もちろんこれはあくまでも主観だが、「商い」と「ビジネス」という訳語の日本人的な本質の差異といおうか。もしかしたらカタカナが悪いのかもしれない。"design"であったり"buissiness"なら良いのかもしれない。

リー・エデルコートはこう言う。
「デザインのためのデザインの時代は終わりを告げています」と。

82のアイテム(71組のアーティスト)が、安藤忠雄の設計したハコの中に収められている。
それぞれ全く毛並みは違えども、薄っぺらい括弧つきの「デザイン」とは趣を異にしている。
いくつかは非常に凶暴で、今にも襲いかかってきそうだ。いくつかには自らのライフスタイルに対して「?」、それも徹底した「?」を突きつけてくるだろう。いくつかは一見すると美しさを全面に出しているが健全なグロテスクに溢れている。

そしてそのどれもが、本質的に何者かに結びつこうとしている。それを媒介するのがデザインである。

<ポスト・フォッシル>という意味は、以下にリー・エデルコートの文章を引用するのでそちらを参照されたい。
化石燃料時代を経て、われわれは次に何処へ向かおうとしているのか。アーティストは敏感な人種である。彼ら/彼女らの作品の持つ強烈さ(それは決して表層的なものではない)に、個人的には貫かれ、僕は会場を回りながら何度もトイレに駆け込み、吐いた。得も言われぬ感情だった。それは決して言葉にできない、皮膚感覚のようなものだった。


大転換の時代が到来しました。

社会は今や前世紀と永遠に決別しようとしています。今日では問題視されたり疑問が示されたり、破綻をきたしている創造行為におけるさまざまな決まりごと、理論的な諸ルール、さまざまなスティグマ(汚点)を断ち切るために。そして、物質至上主義を脱却し、代わりに、慎ましく地に足がつき、組み立て直された 状況を実現するために。

ここ数十年で最悪の金融危機の余波を受けて、流麗華美な、デザインのためのデザインの時代は終わりを告げています。新世代のデザイナーたちは、彼らのルーツをたどり直し、自分たちの地球を今一度清め、時には世の始まりにも遡りながら人類の歴史を研究しています。

このプロセスを通して、彼らは自分たちのデザインを考案し、具体化していきます。素材はまさに自然でサステイナブル(持続可能)なものを中心とし、とりわけ木材や皮革、パルプやファイバー、あるいは土や火を好みながら、現代の穴居人さながらにシェルターやさまざまな道具、手づくりの機械類を新たにデザインし、つくり直しています。また、古代のさまざまな儀式を、より簡素な、しかしながら満ち足りて充実したライフスタイルを創出するべく再解釈しています。明日のフレッド・フリントストーン*1のように。

骨格構造は、生物の生長過程に倣った太古の住居や千年来のさまざまな造形物を特徴づけます。また、手吹きガラスや手焼きのうつわが未来の食卓を彩り、いつしか食されなくなっていた野菜や地元で収穫された旬の食べ物が盛られ、さらなるスローフードが提案されることでしょう。

素材は概して地味で慎ましいものとなるでしょうが、しかしながらこの世代のデザイナーたちは、地球が大地に秘める富、すなわち鉱物や合金やクリスタルの利用にも誘なわれ、艶、そして時には輝きまでをも、これら一連のフォッシル(化石)のようなコンセプトとクリエーションに付加します。これらのデザインでは、じきに復活する運命にあるアルテ・ポーヴェラ*2の本質に共鳴するところも、時に見ることができるでしょう。
こうした動きの主要素となっているのは“自然”です。ここでは自然はもはや無邪気で情熱的なエコロジー言語の文脈では用いられていませんが、しかし、さらに新しい時代にふさわしい成熟した哲学として用いられています。提起されるべき問題を、提起すること……。


より豊かになるために、より少ないものでやっていけるでしょうか?
デザインは魂を持ち、それゆえ生気に満ちたものとなりうるでしょうか?
人はより意味ある消費の方法を見つけられるでしょうか?
私たちは、過去と決別し、新たな未来を創造できるでしょうか?

リー・エデルコート




もう一度だけ。この展覧会、一度足を運んで決して損はないと思う。吐いていた人も他にはいないようだったので、多分大丈夫でしょう。
会期は6月27日まで。

詳細はこちら → http://www.2121designsight.jp/pstfsl/index.html

[image/air_ : 細越一平]

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://chikaplogic.blog63.fc2.com/tb.php/353-0f075745
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。